2chMCスレッド

2chの「MC・催眠系総合スレ」をまとめてます。(作りかけだから見にくい)
1レス短編 (ワンちゃん) - 2chMCスレッド | 彩民のMC小説

1レス短編 (ワンちゃん)

(ん・・・ここ、どこ?なんか・・・寒い・・・、っていうか・・・冷た、い?)
「さて、張り切ってお散歩しようかワンちゃんw」
「え?きゃあっ、何!?何で、服っ、それに首輪!?」
嘘っ、嘘っ、私、裸!?それに何で!?手が地面についたまま、離れない、立て、ないっっ!!
「あー無理無理、センセーは今牝犬だからw散歩が終わるまで四つん這いのままっスよwww」
「何ふざけた事言ってるの!?いいからそのリードを離しなさい!」
確かコイツは・・・私のクラスの・・・ヤンキーグループの一人だった筈・・・確か、最近学校に来てなくて、職員会議で留年候補に挙がったりしてる・・・
冷たい地面に両手両足を付ける素っ裸の私の首から、何故かコイツの手元に犬の首輪のようなリードが握られている
この状況、おそらくコイツのせいだ
「ね、ねぇあなた、何でこんな事をするの?先生、お話聞くから、まずは・・・「うっせーな・・・犬はワンだろワン!!」(ドクン)
「え・・・?わ、わん・・・?わん、わん!!わんっ!」
嘘、口が、喋れなくなって・・・
「ははっ、マジかよw」
「・・・きゃいんっ」
「おらっ、とっとと来い、学校始まっちまうだろうが」
奴が力づくで首輪を引っ張る。立ち上がる事が出来ないので、窒息したくなければ四つん這いで歩くしかない。

そして、歩く、歩く、歩幅が短いのでその分必死に手を動かすしかない。
スピードを緩めようにも犬言葉しか出てこない。ヒザと手が少し擦りむけてきて痛い。
「ははっw良いザマだなセンセー、そうだ、写メ撮っとこうw」
「・・・ワンッ!!ワンッ!!」
この、クソ野郎、こっちは顔から火が出そうだっていうのに・・・
「あ、センセー、前の方から犬の散歩してる人が来ましたよw」
ひぃっ!!見られるの!?この姿を!?嫌っ嫌っ、嫌ぁぁっっ!!
「・・・・・・(ぽかーん)」
小型犬の散歩をしていた男の人は、四つん這いで裸の私を呆気にとられたように見て、そのまますれ違った
「センセー、今の絶対見られましたよwどんな気分ッスか?www」
「・・・・・・わん・・・」
もう嫌・・・早く終わって・・・こんなの、恥ずかし過ぎる・・・
「センセ、まだ半分も歩いてないッスから急いだ方がいいスよwこれから人通りも多くなるからwww」
「ヴゥゥゥ・・・」

せかせかと手足を動かしても結局ちまちまとしか進めず、体感ではおそらく1時間程経った頃、やっと私は自分の家に辿り着いた
「ハイ散歩終了ッスね、いろんな人に見られてましたけど、どんな気分でした?www」
「このっっ・・・あれ?喋れる・・・?」
「あぁ、散歩が終わったら全部解けるんスよw良かったッスね」
「このっ、警察に突き出してやる!!」
両手を使って奴の肩に間接技を仕掛ける。これでも私は合気道の有段者だ。
「おっと、そこでM字開脚して」(どくん)
「え?え?え?嘘っ、なんでっ!?」
「ほら、手は頭の後ろで組んでwそのまま今日一日そうやって過ごしてくださいwww」(どくん)
嘘、手が、足が、勝手にっ!?
「・・・っ、お願い、やめてちょうだい!!それだけはやめてっ!!」
「えー?どうしようかなーw」
「お願いっ、しますっ!」
奴は10秒ほど、わざとらしい仕草で悩む振りをした後、あろうことか私の顔を靴で踏みつけやがった
「じゃあ俺の靴を舐めたら勘弁してあげようw」
「・・・ッッ、このっ・・・野郎ッッ・・・」
「あー、時間切れっw今日は一日そのカッコ決定ッスねw」
「分かったわっ、舐める、舐めるからっ」
「じゃあ舐めさせてくださいご主人様って言ってみてくださいよw」
「舐めさせてくださいっ、ご主人様ぁっ!!」
「仕方ないッスね、ほら、舐めていいッスよw」
「うぐ・・・(ぺろっ、ぺろっ)」
「うはwホントに舐めやがったよコイツw写メ撮っとこwww」
「(ぐぅぅーーーっっ!!!)」
「さて、じゃあちゃんと靴も舐めた事だし、M字開脚じゃなくて、小便小僧のポーズで一日過ごしていいッスよwww」
「え、そんな、約束が違うっ、嫌っ、いやぁぁぁっっ!!」