2chMCスレッド

2chの「MC・催眠系総合スレ」をまとめてます。(作りかけだから見にくい)
文芸部の非日常 - 2chMCスレッド

文芸部の非日常



(テーマ『エロいシチュがエロく感じない』)
(テーマ『エロい言葉がエロく感じない』)
(テーマ『エロい態度がエロく感じない』 )


テーマ『エロいシチュがエロく感じない』


「部長、MCってべんりですよね」

「いきなり何言ってるんだ?副部長」

「だって簡単に人を制御できるし、普段は出来ないこともやりたい放題。
 やるだけやったら記憶を消してポイ捨ても可能ですもんね」

「何が言いたいんだ?」

=================================

「ああっ、気持ちいい!」

「イきます!あん!」

=================================

「後ろのオナニーをやめさせろってことですよ、部長。
 うるさくて本が読めません」

「それは出来ない相談だ、副部長。というか、
 何でお前はオナニーしないんだ?」

「部長がしたことは、『女性たちは部活動をまじめにする』ことと、
 その部活動を『オナニー』に差し替えただけですよ。
 私は今、本を読んで読書感想文を書き、提出するわけでもなく
 それを眺めて満足すると言う『独りよがりな行為』を真面目にしています」

「屁理屈だぞ副部長。俺は後ろの部員たちみたいなオナニーを
 君にもしてほしいのだが?」

「私の中での『オナニー』の定義はこうなんですよ。私の中ではね」

「どうして君だけ催眠にかかってくれないんだ?ハーレムライフが台無しだ」

「かかってますよ。今だって部長が決めた『制服』として裸ワイシャツと
 ニーソックスしか着てませんし、そもそも全寮制の女子高にいる
 『男子生徒』を許容しているじゃありませんか」

「肝心のエロいことをしてくれないなら意味無いよ、副部長」

「命令してみればいいじゃないですか。指示通りに動きますよ?」

「ならば、『手コキしてくれ』」

「はい、喜んで♪」

「・・・・・・・・・痛い!『やめろ!』強く握りすぎだ!」

「手コキしようとしただけですよ?」

「君の中の『手コキ』の定義はこうだ、というつもりか?副部長よ」

「そのとおりです!よくわかりましたね♪さすが部長!」

「くそっ、君はどうしたら従順になってくれるんだ?『正直に教えろ』」

「あなたが学校中の催眠を解除したら、私は部長のものになります。ただし、」

「ただし?」

「時期は決めてないです」

「『決めろよ!』」

「そのときに決めます、と決めました」

「・・・ああ、君の催眠を監視しなければならんからうかつにエロい事も
 できないではないか・・・。恨むぞ副部長」

「私だけ見ていてくださいよ、部長。『あなたを愛する』ようにしたのは
 部長なんですからね」



テーマ『エロい言葉がエロく感じない』



「MCはギャップ萌えのために存在するんだよね」

「いきなりなんですか、部長」

「常識の枷をはずすことで起こる痴態の数々が
 俺の心を癒してくれるんですよ」

「要するに何が言いたいんです?」

===============================

「ご主人様、卑しい肉便器の私めに精液を注いでくださいませっ」

「あん!私なります!性奴隷になります!だからイかせてください!」

===============================

「後ろの部員のように部活動として『官能小説の音読』を
 してくれないか?副部長」

「お断りします、部長。昨日の『オナニー』がまだ残っていますから」

「相変わらず催眠が効いてないな、副部長」

「部長の命令の仕方が悪いだけですよ」

「ならば命令してみよう。『俺にギャップ萌えを見せろ』、後ろの部員のようにな」

「だが断る。この私が最も好きな事のひとつは自分で強いと
 思ってるやつに「NO」と断ってやる事だ・・・」

「・・・」

「ギャップ見せましたよ。萌えてください」

「『もっと別の表現で』」

「ひとつひとつの命令が甘い。条件付けでの動作の拘束も甘い。
 だから私に出し抜かれる。意思の介入を許す」

「『もういい』、期待した俺が馬鹿だった・・・」

「部長が好きな萌えキャラのまねですよ?そこは萌えましょうよ」

「何でうまくいかないんだ?『教えてくれよ』副部長」

「分からないんですか?言葉のみで解決しようとするからですよ。」ガタッ

 チュッ

「このように行動しないと伝わらないものもあるのです、部長」

「・・・副部長。そうかついにその時が・・・。
 ついに催眠にかかってくれたんだな!記念にキスしてやろう!」ガタッ

 スカッ    パシャッ

「・・・」

「部長の間抜け面ゲットです♪」

「やっぱりお前のこと嫌いだわ、副部長」

「私は大好きですよ、部長」


テーマ『エロい態度がエロく感じない』


「MCには重大な欠点があると思うのです、部長」

「君を満足に操れないことかな?副部長」パンッパンッ

「MC後の反応が没個性的になることですよ。
 MCは大体その人の中身を否定することになりますから」

「ハーレムのためなら安い代償だよ、副部長。
 ・・・っと出るぞ!」パンッパンッ

「出してくださいっ、ご主人様!」パンッパンッ

「だからって目の前でとっかえひっかえするの
 やめてもらえませんか?目障りですよ部長」

「君がヤらせてくれないのが悪いのだよ、副部長。
 ・・・よし、股間をきれいにしたら行っていいぞ」

「殺らせて、ですか。Nice Boat.みたいにすればいいんですか?」

「違う、『エロい台詞を言って』雰囲気を作りながらヤる方だよ」

「私のお○んこにご主人様のおちんちん(笑)を挿入して下さいませ♪
 ・・・満足ですか?」

「『(笑)は禁止』『もう一度』」

「私のお○んこにwwwwご主人様のwwwwおちんちんwwwwを
 挿入して下さいませ♪wwww」

「『wも禁止!』『別の台詞で』『オナニーしながら』」

「やべー、今日部長の前でオナニーしてるわー。
 今日命令されてオナニーしてるわー、やべー」クチュクチュ

「『もういい』何でエロくならないんだよ・・・」

「たまに言うことを聞いてあげても文句言うのですね。
 本当にどうしようもないクズですね、部長」

「何で俺に逆らうの?『教えろ』君は俺のことの好きなんだよね?」

「好きだからこそです。私がハーレムの中の異端であり続ける限り
 部長は私を一番気にしなければならない、つまり私に夢中なのです」

「どうしてそんな考えになるの?『俺の命令を聞くことが何よりの幸せ』と
 定義したはずなのに」

「私は部長の全てでありたい。そうでなければ私が壊れてしまいます。
 部長が植えつけた『愛』ゆえに、私はあなたを苦しめ続けます、部長」

「副部長、そんな愛などいらないよ・・・」

「やっぱりあなたはクズですね、部長。
 世界で一番愛しています」

「君が世界で一番大嫌いだ、副部長」