2chMCスレッド

2chの「MC・催眠系総合スレ」をまとめてます。(作りかけだから見にくい)
AI-DOLL・MASTER - 2chMCスレッド

AI-DOLL・MASTER

ここは、とある芸能プロダクションの事務所。
その中にあるレッスン場に、数人の女の子が集まっていた。
先日、オーディションで採用されたばかりの新人アイドルだ。

「みんな、例のピアスはつけてきたようね」

彼女たちを見て、担当プロデューサーのリツコは、満足そうにうなずいた。
彼女たちの左耳には、同じ形のピアスがつけられていた。
このプロダクションに入ったときに、記念としてプレゼントされたものだ。

「ほら、わたしも同じものを着けているのよ」

リツコの左耳にも、同じピアスがあった。

「このピアスは、このプロダクションの仲間のしるし。常に身に着けてちょうだい。さあ、
レッスンをはじめるわよ」

「「「「はい!」」」」

元気よく返事をするアイドルたち。そうしてレッスンが始まった。

アイドルたちが帰った後、リツコは社長に今日のレッスンの報告をしていた。

「彼女たちはまだ未熟ですが、『AI-DOLLシステム』ですぐに仕上がると思います。」
「そうか。フフフ、楽しみだな」

リツコの報告を聞き、ニヤリと笑う社長。

「お前は『AI-DOLLシステム』をどう思う?」
「はい、とても素晴らしいシステムだと思います。これなら良質のアイドルをたくさん生
み出せますし、わたしもこのシステムで社長に支配していただいてるおかげで、とても幸
せです」

「そうか…」

社長は席を立つと、リツコの後ろに回りこみ、彼女の胸をわしづかみにした。

「ああんっ!」
「彼女たちが仕上がるまで、お前を使って楽しむとしようか…」
「は、はい…わたしを使ってお楽しみください、社長…」

社長に胸をもまれ、うっとりとするリツコ。彼女はこのまま、社長の可愛い人形としても
てあそばれるのであった。

一ヵ月後、新人アイドルたちは、見違えるほどに成長していた。
歌もダンスも上達したが、それ以上にメンバーのチームワークが完璧になっていた。
まるで機械のような正確さで、歌とダンスを合わせていたのだ。

「素晴らしいわみんな。これならデビューイベントの成功は間違いないわね」

満足げにうなずくリツコ。

「「「「はい、ありがとうございます」」」」
「それじゃあ今日はこれでおしまい。明日もがんばってちょうだい」
「「「「「はい、さようなら」」」」」

レッスン場を出て行こうとするアイドルたち。リツコはそのうちの二人に声をかけた。

「ミキ、タカネ、あなた達は残ってちょうだい。社長がお呼びだから」
「はーい」
「かしこまりました」

金髪の明るそうな娘・ミキと、銀髪の気品ある娘・タカネは、リツコの呼びかけに応じた。
他の子たちはそれにかまわず帰って行った。

ミキとタカネは、リツコに連れられて社長室の前まで来ていた。
コンコン、とドアをノックするリツコ。

「社長、ミキとタカネを連れてきました」
「うむ、入りたまえ」
「失礼します」

社長室に入るリツコたち。そこでは…

「あんっ、あはっ、ひぃあっ、しゃ、社長…っ」

社長が緑髪ショートの女子社員を、バックから犯していた。

「もう少しでイクから、待っててくれ」
「はい、わかりました」

目の前でみだらな行為が行われているのにもかかわらず、平然としているリツコ。ミキと
タカネも黙ってそれを見ていた。

「ああっ、あっあっあっ、ひああ~~っ!」

膣内に射精され、絶頂を迎える女子社員。

「リツコ、こいつを連れて部屋を出てくれ」
「はい、社長」

絶頂の余韻に浸る女子社員に肩を貸しながら、社長室を後にするリツコ。
女子社員の左耳にも、リツコやミキたちと同じピアスがついていた。

「さて、ミキ、タカネ、よく来てくれたね」

社長はミキとタカネの姿をよく見回した。
ミキの格好は、ゴスロリ服。
タカネの方は、チャイナドレスだった。
どちらも、リツコを通して着替えるように指示したものだ。

「ふたりとも、よく似合っているよ」
「えへへ、ありがとー、社長さん」
「褒めていただき光栄です、社長様」
「ではふたりとも、下着を見せてもらおうか」
「はーい、ミキのパンツ、みてもいいよー」
「どうぞ、わたくしの下着をごらんください…」

社長の命令どおりに、スカートをまくって下着を見せるふたり。
ミキの下着は可愛い縞パンで、タカネの下着はセクシーな黒の紐パンだった。
ふたりとも、下着をみせているのに恥ずかしがる様子はなかった。

「ククク、ふたりとも完璧に仕上がっているな。これも『AI-DOLLシステム』のおかげだな」

実は、ミキたちのピアスには、つけている人間の意識をコントロールし洗脳する効果があった。
《社長の命令に無条件に従う》
《恥ずかしさを感じない》
など、ピアスには様々なプログラムがインストールされており、長く身につけているうち
にプログラムに意識を支配されてしまうのである。
また、このピアスには歌やダンスのデータも入っており、それを脳にダウンロードするこ
とで完璧なパフォーマンスを再現させることが可能なのだ。
もっとも、データを忠実に再現するためにはちゃんと練習する必要があるのだが。

社長はこれを、『AI-DOLLシステム』と呼んでいた。
このプロダクションの女性タレントおよび女性社員は全員、『AI-DOLLシステム』によっ
て社長のあやつり人形にされていたのである。

下着を見た後、社長はミキとタカネにさまざまなポーズをとらせて楽しんでいた。

「ミキ、タカネ、今度は胸を見せてくれないか」

ミキとタカネは社長の指示どおり、服をはだけて胸を露出した。
ふたりとも新人アイドルたちの中では、かなりの巨乳だった。

「ふたりとも、その胸でパイズリを頼む。」
「かしこまりました」
「ミキのおっぱいで気持ちよくしてあげるね~」

ピアスには性的行為のデータも入っている。ミキとタカネはその胸で社長のペニスをはさ
み、こすり始めた。

「んっ…社長さんのおちんちん、熱いね…」
「すごいです…とても大きくて硬い…」

一生懸命奉仕を続けるふたり。やがてペニスの先から大量の精液が勢いよく飛び出し、ふ
たりの顔を白く染めあげた。

「はあ…精液おいしいよぅ…」
「すごくいい匂いがします…」

顔射されて、うっとりするミキとタカネ。プログラムの効果で社長の精液が大好物になっ
ていたのである。

「次は私の前でオナニーをして見せろ」

社長の命令に、ふたりは下着をおろして股間をいじり始めた。

「ああっ、き、気持ちいいっ、オナニーいいよぅ…」
「しゃ、社長様に見られて…感じちゃいますっ」

興奮してきたふたりの股間が、次第に濡れだしてきた。

「そろそろ入れさせてもらおうか…」
「「は、はい…」」

ミキはソファーで仰向けになり、股を開いて社長に見せ付けた。

「ミキは、社長さんのモノ…社長さんだけのお人形さんなの…。だから社長さんの好きに
してもいいの…」

タカネは机に手を付き、尻を社長に突き出した。

「わたくしは、社長様に身も心も捧げた人形です…。どうぞご自由にお使いください…」
「ククク、どちらから先にしようかな…」

ふたりの姿を見てニヤニヤ笑う社長。彼の人形遊びはいつまでも続くのであった。