2chMCスレッド

2chの「MC・催眠系総合スレ」をまとめてます。(作りかけだから見にくい)
アイマス二次創作 - 2chMCスレッド | 彩民のMC小説

アイマス二次創作

「二人とも、おはよう」
「おはようございます!」「おはようなの!」
俺の挨拶に答えてくれたのは、黒髪ショートの菊地真、16歳と金髪ロングの星井美希、14歳。
真は体を動かすのが好きで、声もハスキーという典型的なボーイッシュ娘だ。
とはいえ、本人は同性ではなく異性に好かれるアイドルを目指しているが。
一方の美希は、友達とのおしゃべりやキャラメルマキアートが好きな典型的な今時の女の子だ。
いわゆる天才肌なのだが、ちょっと社会常識に欠けるのが玉に瑕なんだよなあ。
「お、二人ともどうしたんだそれ。よく似合ってるぞ!」
「えへへ・・・・・こないだのオフに美希と一緒にショッピングで買ったんです・・・・・」
「タマには、真くんもこんな格好してるのが見たいなって!」
「そうか、そうだよな。『女の子らしい格好っていったら、フンドシだもんな。』真。」
「はい・・・・・・・僕も、一度締めてみたいなって思ってて♪」
照れながら後ろ頭を掻く真。
そう、この二人。それぞれ上はいつものジャージとキャミソールなのだが、
下はフンドシ姿なのだ。
真は赤、美希は白。
真の引き締まったお尻と、美希の年不相応な肉付きを見せるお尻を両方見てみたいと思って
この暗示にしたが、やはり正解だった。
しかし、ジャージはともかく、キャミソールにフンドシってミスマッチだなあ。
だが、それがいい!
「よしそれじゃあせっかくフンドシ締めてるんだから、ちょっとお尻向けてくれ!」
「はい!」「はいなの!」
二つの尻、四つの尻肉が並ぶ。
そして、俺はそれめがけて
パシィン!
思いっきり叩いた。
「「ひぎぃっ!」」
俺の手形が二人の尻に赤く刻まれる。
「どうだ?元気出ただろう!」
「「ありがとうございます!」」
いいなあ、この二人。
「おはようございます!プロデューサー!」
「おっ、来たか。」
元気に挨拶してきたのは萩原雪歩、16歳。
犬と男性が苦手で、そんな自分を変えるためにアイドルになったという経緯がある。
とだけ言うとダメな感じしかしないが、芯はむしろ強いので俺も信頼している。
とはいえ普段から「ダメダメですぅ~!」とか「こんな私は・・・・・」とか言ってる娘には
相応のやり方があるだろJK。
そして、そんな雪歩は
「ちょっ・・・!雪歩・・・何そんな格好で・・・・!」
「えー、いいじゃん。『俺』の裸なんて見たってどうってことないし。」
その通り。
彼女に『自分は男性だ』と思い込ませてみました。
ちなみに現在の格好はブリーフ一丁です。たまりません。
真も、今の雪歩を男だと思い込んでいるので顔真っ赤にして目を背けてます。
たまりません。
てかこれヤバイ。マジで破壊力がヤバイ。
あんな奥手な雪歩がブリーフだけで人前にいるんですよ。
ヤベエ、録画してえ。
録画して催眠解いた状態で見せてあげたい。
しかも、割と活発に動くので形のいいお椀型の乳がプルプル揺れてます。
これは、俺GJだな、うん。