2chMCスレッド

2chの「MC・催眠系総合スレ」をまとめてます。(作りかけだから見にくい)
1レス短編 (女子高生の定義改変) - 2chMCスレッド | 彩民のMC小説

1レス短編 (女子高生の定義改変)

 ある朝、私はいつもどおりに起きると女子学生の定義ががらりと変わっていた。
 男子に絶対服従。下着は着けない。性行為の数は多ければ多いほどいい。・・・など数十にも及ぶ項目が頭の中に浮かんできたけれどそれに対し私は別に何も思わない。新しい定義に則った服装で学校へ行くだけだ。

 学校に着くと案の定新しい定義についての話題で持ちきりだった。例えば幾つかのの女子グループではこんなを会話をしている。
「私、早速廊下で3発も使ってもらっちゃった」
「いーなー、私まだ処女だよー。早く捨てなきゃー」
「あっちゃー。下の毛の手入れ忘れてきちゃったぁ」
「今しちゃえば?そのままにしておくほうが恥ずかしいよ」

 うん。常識が変わったといっても特に変なことは起きてないね。よかったよかった。
 私の机の上では見知らぬ男の子と学級委員長が本番をしていたようだったが、どうやらちょうど終わったところらしく椅子に座りなおした男の子が話しかけてきた。
「おはよう。ちょっとお掃除フェラしてよ」
「あ、おはよう。ちょっと待っててね」
 かばんを机の横に引っ掛けると私は男の子の前にしゃがむ。
「これが男の子のアレかー」
「ああそうか。見るの初めてだっけ?」
 私は首を縦に振る。すると男の子はフェラのやり方を説明してくれた。
「まずついてる精子をなめてよ。そう、その後は歯を立てないように気をつけてこうしゃぶって・・・そうそうその調子」
 私がだんだんとコツをつかんでくると、男の子は余裕がなくなってきたようだった。
「やっぱりうまいね。このクラスでは一番だよ。・・・そろそろ出すから全部飲み込んで!」
 そう言われた直後、口の中に大量の精子が入ってきた。
 苦くてまずかったけれど、全部飲むように言われたので私は頑張って飲み干した。

「ふぅ、ありがと。・・・そういえば新しい定義は前のと比べてどう?」
 私は持っていたお茶で口をゆすぎながら少し考えて正直に答えることにした。
「うーん・・・自由時間が減るのはいただけないけどその分男の人に尽くせるならいいんじゃない?」
 なぜか男の子は私の答えをげらげらと笑った。しばらく笑われた後男の子は席を立って私にこう話しかけた。
「今日はこれでお終いにしておくよ。定義はいつもどおり元に戻しておくから。じゃあまた明日ね」
 私は何を言われたのかわからなかったけれどとりあえず手を振って見送った。

 そして男の子が教室から出たとき、教室にいたすべての人間がその意味を理解することになるのだった。