2chMCスレッド

2chの「MC・催眠系総合スレ」をまとめてます。(作りかけだから見にくい)
告白したから - 2chMCスレッド

告白したから

「はーいみんなストーップ」
とある女子校、授業中の教室に入ってきた男がそう言い放つと、そこに居た全員の動きがピタリと止まった。
「よしよし、今日も良い調子だねー」
教室を見渡して満足気にうなづくと、男は取り出したメモを眺めた。
「んー、よし、今回はこれでいってみようかな」
「えーっとこの中で、女の子同士で付き合ってる人はいますかー?」
それまでピクリともしなかった生徒のうち二人の右手だけが静かに挙げられる。
「おっ、やった! いいねいいね! 無理矢理付き合わせても良いんだけど、やっぱ天然ものがいいもんねー。あ、君たち二人は動いていいよ。質問に答えて」
時が動き出し、突然の出来事に戸惑う二人に、男は質問を浴びせる。
「まず名前は…愛子ちゃんと千尋ちゃんね。… へー、千尋ちゃんは生徒会長なんだ、しっかりしてそうだもんね。で、告白はどっちから? …ほうほう愛子ちゃんから。君、気弱そうなのに意外と度胸あるんだねー」
一通り質問を終えると、男は本題に入った。
「じゃあこれから僕の言うことをよく聞いてね…」

一ヶ月後

生徒会の仕事が終わるのを待って、私は千尋ちゃんと帰る。
なんで帰宅部の私がわざわざ待ってまで一緒に帰るのかというと、実は私たちは恋人として付き合っているからだ。…あんまり大きな声じゃ言えないけどね。
文武両道で容姿端麗、そして誰に対しても優しく接してくれる千尋ちゃんに、私は小学校のころからずっと憧れていた。その気持ちが恋愛感情に変わるまで時間はかからなかった。
ある日、勢いで千尋ちゃんにその想いをぶちまけてしまった。
自分のやったことに頭が真っ白になってしまった私の唇に、千尋ちゃんはそっとキスをしてくれた。
…今でも、なんで千尋ちゃんが取り柄の無い私なんかと付き合ってくれるのか疑問だ。
前に聞いた時は「愛子は人の痛みを感じることができる優しい子だから」と、照れくさそうに笑いながら答えてくれた。
…よくわからない。

え? 付き合ってるなら帰る時は手を繋いで帰るのか?
やだ、そんなことしないよ。
恋人同士なら、告白した方がされた方のお尻の穴に中指を突っ込んで歩くのが当然でしょ?
だからいつもそうやって帰ってるの。
千尋ちゃんも最初は痛がってたけど、今じゃ自分から手をとって入れてくれるようになった。
こうして歩いてるとものすごく幸せ。
「んっ…そういえば、駅前にあっあっ…新し…っケーキ屋…んっ、でき、てたね…あっ」
「へー気づかなかった。今度行ってみようよ」
「うん…っ、行って…いって…あっあっあっ、イ、イク…ッ」
ビクビクと全身を震わせて、千尋ちゃんが達した。視線は定まらず、ヨダレが唇の端から垂れている。話してる間もずーっとお尻に入れた指をくにくにしてあげてるんだから当然だよね。
「それにしても千尋ちゃんってそういうの目ざとく見つけるよね。意外と食い意地が張ってるっていうか」
「……あ……そ、そうかな?」
顔を真っ赤にして、恥ずかしそうに目を逸らす千尋ちゃん。ああ、可愛い、綺麗、大好き。
「やっぱりそれも、千尋ちゃんがメス犬だからかな?」
「……っ! あ、ア、アヒィィ……ッ!」
私がメス犬と言った瞬間、千尋ちゃんはまた全身をガクガクと震わせて激しく絶頂した。告白された方は、告白した方に罵られると強烈な快楽に襲われるんだから当然だよね。
そして、そんな千尋ちゃんを眺めて私も絶頂するのも当然のこと。愛液が太腿を伝ってソックスを汚す。
私にしがみついて必死に立っている千尋ちゃんを見てると幸福感で一杯になっちゃう。
最初の頃は私も千尋ちゃんのツボが分からなくて苦労したけど、今はもう千尋ちゃんが悦ぶなじりかたが手に取るように分かるようになった。
「クソムシ」
「!! ああっあああぁ……っ!」
「尻穴に指入れられてクソムシって呼ばれるのが好きなんだよね? よくそんな変態が生徒会長やってるね」
「あっあっあっあっあっ」
私の言葉一つ一つが耳に入る度に、千尋ちゃんは跳ねるように絶頂する。私にしがみつく手にギュッと力がこもる。
「も…もう、やめ……愛子…!」
「愛子『様』でしょ? 告白したのは私なんだから。頭の中愛液で一杯になってそんなことも分からなくなっちゃったの?」
「…………っっ!!」
さらに達し続ける千尋ちゃん。
ああ、千尋ちゃん。可愛い。綺麗好き。好き。大好き。愛してる。
ちゃんと壊れるまで愛し続けてあげるね。
だって私から告白したんだから。
当然だよね?