2chMCスレッド

2chの「MC・催眠系総合スレ」をまとめてます。(作りかけだから見にくい)
催眠アプリレスまとめ - 2chMCスレッド

催眠アプリレスまとめ



(565)
(567)
(568)
(569)
(570)
(571)
(572)
(573)
(574)
(575)
(576)
(578)
(582)
(617)


565


スマホ買ったのが割と遅いからアプリによるMCの作品は馴染みにくいな
ノクタMCwikiって便利だな

567


スマホ買ったのが遅いのとアプリMCに馴染みにくいのって関係あります?

568


あー分かるわ
俺もスマホ遅かったからアプリ……アプリ? ってなってた

569


スマホ買ったのが遅いからスマホってそれくらいできるのかと思ってた…

570


おまえのスマホ出来ないの?

571


今ってそんな機能あるの!?
そういえばスマホ向けられた後、意識が飛ぶようなことがあったけれど、もしかしてそのアプリが原因だったのかな…?

572


スマホ持ってない人には分からないかもだけど最近はそういうアプリ増えてるよ
無料のは広告がうざいけど

573


俺の催眠アプリは無料の奴で画面を見せないと催眠できないタイプなんだよね………
最新のだと、名前を入れると検索して常識改変までできるんだけど値段が………

574


まだそんなこと言ってるのかよ。遅れてるな。
真に最新だと、名前どころかパーツ単位での検索ができるぜ。
もちろん写真からの逆引き検索も可能

575


マジレスだけど催眠使って金取ればいいから有料は実質無料

576


最近催眠アプリから身を守れるアプリ作るって詐欺集団も出て来たぞ

578


「これ、落としましたよ」
「えっ?」
男はそう言うと持っていたスマートフォンで写真を撮る。
LEDのフラッシュが焚かれ男のスマートフォンに571の姿が取り込まれた。
虚ろな目で立ち尽くす571。
「ついてこい」
「はい…」

連れて来られたのは人気のない公衆トイレの個室。
男は571に向けてスマートフォンを操作する。
しばらく弄っていると画面に"インストール完了"の文字が表示された。

571は跪いて男のズボンを下ろすと、現われた肉棒を躊躇いなく口に含む。
「あむっ」
そのまま前後に頭を揺らし、捻りを加えながら肉棒を扱いてゆく。
「ん、んぁ、んぐっ」
男がスマートフォンを操作する。
そこには名前に生年月日や住所、果ては性感帯や排卵の周期まで、571の様々な情報が表示されていた。
「ふうん、571ちゃんっていうのか。残念だったねぇ、危険日だったら孕ませてやったのに。まぁ、今日の所は口だけにしておくか」
そんなことを言っている間にも571の奉仕は激しさを増してゆく。
「んっんっ、んっ、んぉ、」ズゾゾッ!ズゾゾッ!
頬が凹む程のフェラは571の整った顔を歪ませる。

「出してやるから、ありがたく全部飲み干せ!」
「ふぁい、ごひゅじんひゃまっ」
男の精液が571の口に放たれる。
「ん、んぐっ」
571は必死に嚥下するが飲み切れず口から漏らしてしまう。
「はぁ、はぁ、はぁっ」

「また気が向いたら使ってやるよ」
個室には跪いて力が抜け放心した571だけが残されていた…。

582


西片由美…と。
お、出た出た。BWHを含んだ詳細なプロフィールが表示される。
クラスメイトの西片由美は驚くほど可愛いくて、学校中でも有名な子だ。
手にはアプリが起動されたスマホ。
5万円もする高いアプリだったが、それに見合うだけの機能を持っている。

「操作」メニューから、「貞操観念の解除」と「面倒見の良さの追加」を選ぶ。
教室に入ると、ちょうど西片さんだけが居た。というか、掃除当番だからそうなる事が分かってたんだけど。
「高木くん?どうしたの?」

「いやー、ちょっとね、実は溜まってて」
そう言って自分の股間に目を下ろす。
貞操観念が欠如している西片さんには恥じらう事すら思いつかない。
加えて、面倒見の良さが性格に追加されているので、「どうにかしてあげないと」という思考に繋がる。

「もー、仕方ないな。抜いてあげるから椅子に座りなさい。
手近な席の椅子に座ると、西片さんは僕のズボンのベルトを外してくれる。
パンツをずらして僕のペニスを露出させると、既に勃ちやすくなっていた事もあり、西片さんの視線で自然と勃起してしまった。

それを「なんでもない事」だと誤認している西片さんは、そのまま手でしごいてくれる。
そしてそのままフェラチオまでしてくれた。貞操観念のない西片さんにとってはどうという事のない行為だ。

「じゅぷぅ、んっ、ぺろぺろ…。高木くんって思ってたより大きいんだね…硬いし」
そんな事を上目遣いで言ってくる。

クラスで一番の美人がそんな調子で奉仕してくれるもんだから、射精はあっという間だった。
西片さんにお願いして精液を飲む様子をスマホで撮らせてもらい、ありがとうと言ってその場を離れた。

帰り際に西片さんの設定の解除と、さっきの出来事の記憶消去を行う。
さて、次は誰にしてもらうかな。

617


近頃、催眠アプリという物が流行っているらしい。
らしいと言うのは犯人が未だ捕まっていないからだ。

このアプリを使うと誰でも催眠術を使う事が出来る。簡単に人を操れて、記憶まで操作出来てしまう。
だから欲望のはけ口にされても忘れさせられてしまう。
ただ、変な物を飲み込んだ感触が残っていたり、体に精液がついていたりする事があって、間違いなくレイプされている事が分かる。
でも警察には説明が出来ないので泣き寝入り。

かく言う私も一度それを経験した。

そんな折、友達からあるアプリを勧められた。
その名も「催眠防止アプリ」。何でも画面に表示されている、指示に従うだけで催眠に耐性が付くようになるらしい。

本当かどうかは分からないが、友達の勧めっぷりに半ば期待を膨らましつつ、寝る前にアプリを立ち上げてみた。

妙な幾何学模様と共に、文字が浮かび上がってくる。
「あなたの情報を入力して下さい」

まずはプロフィールの入力の様だ。

性別、年齢、名前、身長、好きなもの、嫌いなもの、所属している部活動。

住所、バスト、ヒップ、ウェストのサイズ、生理周期。
オナニーの頻度、セックスの経験の有無。

入力が終わると、新しい文字が出てくる。
「あなたをカメラで撮影して下さい」

顔写真、裸体で全身を写した写真、バストのアップ、おまんこのアップをそれぞれ撮る。

少し間をおいて、また新しい文字が現れた。
「最後に、自慰をしている様子を動画で撮影して下さい。ただし、顔と股が常に映る様にし、オーガズムを迎えるまで続けて下さい。また、恥ずかしがる必要はありません」

これが中々難しい注文だった。顔が映る様な上手いアングルで撮影が出来ない。
壁に立てかけてみると、下から見上げる様な形で上手く全身が映った。撮影開始ボタンを押す。

普段している様にクリトリスを指でつまみ、こねる様にして刺激を与える。
おまんこをなぞる様に指を動かした後、人差し指と中指を出し入れする。

空いた手で乳首をいじるとすぐに勃起した。
膣内の感じるスポットを何度も指でこすると膣液が溢れ出し始めた。思わず声が漏れてしまう。
次第に指の動きが早くなり、腰が浮きそうになるのを何度も堪える。

少しして、オーガズムに達した。思わず喘ぎ声が漏れる。

撮影終了を押すと、また少し間をおいて文字が現れた。
「本日はこれで終了です。後日、通知が届きますので、その時はアプリを立ち上げて指示に従って下さい」

これでもう催眠にはかからない。私は安心して布団に潜った。