催眠術アプリの使い心地・☆1


作者 ドニ先生
公式分類  男主人公 学園 平成 青春 ハーレム
話数 10話
長さ 短編
状態 未完
文字数 22,468文字
最新投稿 2018年10月23日
さらに情報を見る

あらすじ[編集]

屑橋天城は学校でいじめにあい、引きこもりになっていた。そんな彼はある日「催眠アプリ・先着100名様に2万で販売」と書かれた記事を見つけすがるようにダウンロードする。そして親に使ってその効果が本物だと知る。だがいざ恨みが溜まった相手に使おうとすると問題発生。そこまで催眠は都合良く無い。だがそれでも彼は催眠術が使えるものになるよう必死に努力するのだった。




コメント: